ハウゼック 八王子みなみ野の賃貸・一戸建て・マンション > ハウゼック 神奈川中央住宅(株) みなみ野シティ店のスタッフブログ記事一覧 > 楽器相談可の賃貸物件とは?音を出す際の許容範囲や物件の探し方もご紹介

楽器相談可の賃貸物件とは?音を出す際の許容範囲や物件の探し方もご紹介

楽器相談可の賃貸物件とは?音を出す際の許容範囲や物件の探し方もご紹介

ピアノやギターなど、楽器演奏は日々の生活に彩りを添えてくれるものです。
しかし、賃貸物件に住んでいると、音漏れが原因で近隣トラブルに発展する可能性があり、思いっきり演奏を楽しむことは難しいのが現状です。
今回は、楽器相談可の賃貸物件とは何か、どのくらいの音を出しても良いのか、さらに、お部屋の探し方についても解説します。

賃貸物件の条件にある「楽器相談可」とは?

まず、「楽器相談可」とは、大家さんのご好意によって楽器演奏を許可される可能性があるということです。
許可を得ていても、近隣からの苦情が頻繁に寄せられる場合は、演奏を控えるなど、配慮が必要です。
最悪の場合、楽器使用禁止や退去を余儀なくされることも考えられるので、注意しましょう。
楽器演奏を前提とした物件には、「楽器可」という表記のものもあります。
こちらは防音性の高い造りとなっているため、「楽器相談可」よりも安心して楽器演奏を楽しむことができます。

▼この記事も読まれています
賃貸の古い和室をおしゃれに見せる方法とメリットデメリットをご紹介

楽器相談可の賃貸物件ではどのくらい音まで許されるのか?

楽器相談可の賃貸物件とは言っても、通常の賃貸物件と同程度の防音性であることを理解しておくことが重要です。
許容される音の大きさは、時間帯、楽器の種類などによって異なります。
楽器演奏は、周囲の迷惑にならない時間帯にしましょう。
早朝や深夜は、たとえ楽器相談可物件であっても演奏を控えるのがマナーです。
楽器の種類によっても、許容される音量は異なります。
ピアノやドラムなどの楽器は、大きな音が出るため防音対策が必要ですが、ギターやベースはヘッドホンを使用して演奏すれば、周囲に迷惑をかけることなく演奏できます。
楽器相談可物件であっても、すべての楽器が演奏可能とは限りません。
大家さんによって、許可されている楽器の種類は異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の壁に画鋲を使っていいのか?原状回復と代用品についてご紹介

楽器相談可の賃貸物件の探し方

楽器相談可の賃貸物件は、通常の賃貸物件よりも数が少ないため、探し方を知っておくことが重要です。
まずは、周辺にスタジオや大型ライブハウスが多いエリアを探してみましょう。
音漏れに寛容な住民が多く、楽器演奏に対する理解も得やすい環境です。
さらに、音楽大学の近くは、音大生向けの楽器相談可物件が豊富に存在します。
音大生は日頃から楽器演奏をおこなうため、周辺エリアは楽器演奏に対する理解が浸透している傾向があります。
また、不動産会社へ相談をして、楽器相談可物件を探してもらう方法も有効です。
演奏する楽器や頻度を具体的に伝えておくことで、より的確な楽器相談可の賃貸物件を紹介してもらえます。

▼この記事も読まれています
一人暮らしにガスコンロは必要?選び方とIHとの違いを解説

まとめ

楽器相談可の賃貸物件は、大家さんの許可を得ることで楽器演奏が可能ですが、通常の賃貸物件と同程度の防音性であることを理解しておきましょう。
許容される音の大きさは、時間帯や楽器の種類によって異なるため、周囲に迷惑にならないよう配慮する必要があります。
楽器相談可物件を探す際は、周辺環境や音楽大学の近くを探す、または、不動産会社へ相談をしてみましょう。
八王子みなみ野での住まい探しならハウゼックがサポートいたします。


≪ 前へ|家賃の支払い方法の種類をご紹介!メリットやデメリットについても解説   記事一覧   賃貸物件の最上階に住むメリットとデメリット!暑さ対策もご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る