ハウゼック 八王子みなみ野の賃貸・一戸建て・マンション > ハウゼック 神奈川中央住宅(株) みなみ野シティ店のスタッフブログ記事一覧 > 同じ賃貸物件内で部屋の移動はできる?初期費用を抑えるコツや注意点も解説

同じ賃貸物件内で部屋の移動はできる?初期費用を抑えるコツや注意点も解説

同じ賃貸物件内で部屋の移動はできる?初期費用を抑えるコツや注意点も解説

賃貸物件に住んでいると隣人の騒音や日当たりなどさまざまな問題で、同じ賃貸物件内での部屋移動を希望する方もいらっしゃいます。
その際、部屋の移動はできるのか、また初期費用はどうなるのかと不安になる方も少なくありません。
そこで今回は、同じ賃貸物件で部屋の引っ越しが可能なのか、また初期費用を安く抑えるコツや、引っ越しの際の注意点について解説します。

同じ賃貸物件内で別部屋に引っ越しするのは可能なのか

結論からいえば、同じ賃貸物件内で別部屋に引っ越しをすることは可能です。
しかし、基本的には別の場所へ引っ越すことと大差はなく、通常の引っ越しと同じくらいコストはかかると考えておきましょう。
流れとしては、現在住んでいる部屋の解約手続きをおこない、その後新規で部屋を契約することになります。
ただし、たとえば隣人の騒音や雨漏りや水漏れ、設備不良などもともと住んでいた部屋自体に問題があり、改善が見られない場合は退去費用や初期費用が免除される場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件における部屋探しの流れとは?希望条件の決め方から契約までを解説

初期費用を安く抑えるコツとは?

一般的に部屋を契約する際には、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険、前家賃といった初期費用が必要になりますが、同じ賃貸物件内での引っ越しであれば安くなる可能性があります。
まずは大家さんや管理会社へ直接相談してみることで、礼金なしで引っ越しできたり、敷金を持ち越ししてもらえることがあります。
敷金は物件を引き払う際に部屋の修繕やクリーニングにかかる費用を差し引いた額が戻ってくるため、現在住んでいる部屋を丁寧に使用することも大切です。
また、同じ賃貸物件内で引っ越しをする場合は契約更新のタイミングで引っ越しをすることで更新料を支払う必要がなくなり、出費を抑えることができます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件を借りる際の初期費用とは?内訳や相場についてご紹介

同じ賃貸物件内で引っ越しをする際の注意点

同じ賃貸物件内で引っ越しをする際には、部屋番号が変わるため住民票の移動が必要になります。
もし住民票の移動を済ませていないと重要書類がもともと住んでいた部屋に届いてしまうことになるため、必ず市町村役場で手続きをおこないましょう。
また、引っ越しの前には公共料金やライフラインに関する手続きもあらかじめおこなう必要があります。
ライフラインは電気やガス、水道の使用停止手続きが必要ですが、ガスに関しては後立ち会いが必須な場合があるため、注意しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約で電子契約を用いるメリットとデメリットをご紹介

まとめ

同じ賃貸物件内での引っ越しは可能ですが、通常の引っ越しと同じくらいコストがかかると考えましょう。
ただし、元の部屋に不具合があったり、大家さんや管理会社に相談することで初期費用が抑えられることがあるため、確認が必要です。
引っ越しの際には、市町村役場にて住民票移動の手続きをおこなうこと、ライフラインの手続きをおこなうことを注意しましょう。
八王子みなみ野での住まい探しならハウゼックがサポートいたします。


≪ 前へ|賃貸物件のベランダ掃除!汚れの原因と掃除の流れや注意点についてご紹介!   記事一覧   高齢者の一人暮らしの現状は?リスクやトラブル対策方法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る