ハウゼック 八王子みなみ野の賃貸・一戸建て・マンション > ハウゼック 神奈川中央住宅(株) みなみ野シティ店のスタッフブログ記事一覧 > 家賃の日割りとはどのような仕組み?計算方法を解説

家賃の日割りとはどのような仕組み?計算方法を解説

家賃の日割りとはどのような仕組み?計算方法を解説

一般的に家賃は毎月支払うものとして認識されていますが、日割りで計算される場合があるのをご存じでしょうか。
今回は家賃の日割りとは何か、仕組みはどのようになっているのかを解説します。
計算方法をはじめとする知識を身に付けて、物件を契約する際に困らないようにしましょう。

家賃の日割りとはどのような仕組み?計算方法を解説

「日割り家賃ってどのような仕組みだろう」と疑問に思う方は少なくないでしょう。
これは、賃貸物件を月初以降に契約して入居する場合、実際に生活した日数分だけに計算して支払う仕組みを指します。
また、入居のタイミングだけではなく、退去時にも関係があります。
退去の際も入居した際と同じように、実際に部屋で生活した日数分の賃料が計算されるのが特徴で、多く支払った分の賃料は返還されるので安心です。
前家賃との違いとは、翌月の賃料を先払いするものである点です。
前家賃を支払っても損をする心配もなく、明確な違いがあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件における部屋探しの流れとは?希望条件の決め方から契約までを解説

日割り家賃の計算方法

基本的に計算方法は実日数割、30日割、31日割があります。
実日数割は暮らし始めた月の日数に合わせて計算します。
実際の月日数に合わせての計算になるため、損をする心配がありません。
これらは入居のタイミングによっては、実際の月日数と異なる場合があるため、予想と異なる賃料が発生するケースがあるのも事実です。
どの計算方法を用いるかは物件によって違うのが特徴です。
算出の仕方によっては、「思っていたよりも賃料が発生してしまった」と考え、損をしたように感じてしまうかもしれません。
このような事態にならないよう、賃料を抑えるためのテクニックを知っておく必要があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件を借りる際の初期費用とは?内訳や相場についてご紹介

日割り家賃を抑えるために

賃料を抑えるためには、月末に入居するのがおすすめです。
もし引っ越し日を自分の都合に合わせて決められる場合は、月末になってから入居するように工夫してみてください。
数日ずらすだけで、費用負担が大きく変わるので、おすすめの方法です。
また、貸主と交渉すれば、一部の賃料を免除してもらえるかもしれません。
諦めずに交渉してみましょう。
あまり入居希望者が集まらない物件の場合は、貸主も快く応じてくれる可能性が上がります。
また、フリーレント物件の場合は、一定期間だけ家賃を免除してもらえるため、費用負担削減になります。
通常は賃貸物件を借りて生活する場合、賃料が発生してしまうものです。
しかし、この場合はある期間だけは賃料が発生しないため、お金に困っているときにおすすめです。
どの程度賃料が発生しないかは賃貸物件によって差があるものの、一部では6か月間賃料が免除される場合もあります。
どうしてもまとまったお金が準備できない場合は利用を考えてみてください。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約で電子契約を用いるメリットとデメリットをご紹介

まとめ

家賃の日割りとは、実際に生活した日数分だけに計算して支払う仕組みです。
計算方法は主に3種類ありますが、どれで計算されるかは物件によって異なります。
費用を抑えるためには、月末に入居する、フリーレント物件を探すなどの方法がおすすめです。
八王子みなみ野での住まい探しならハウゼックがサポートいたします。


≪ 前へ|一人暮らしをする場合の防災対策方法は?グッズや注意点をご紹介   記事一覧

トップへ戻る