ハウゼック 八王子みなみ野の賃貸・一戸建て・マンション > ハウゼック 神奈川中央住宅(株) みなみ野シティ店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件における「窓 」の防音対策とは?騒音の原因や対策もご紹介

賃貸物件における「窓 」の防音対策とは?騒音の原因や対策もご紹介

賃貸物件における「窓 」の防音対策とは?騒音の原因や対策もご紹介

賃貸物件でトラブルにもなりやすいのが、足音やテレビの大きな音といった「騒音」でしょう。
このようなトラブルを防ぐためにも、自分でできる防音対策を知っておくと安心ですね。
そこで今回は、騒音の原因について、賃貸でもできる窓の防音対策のほかにも、窓の防音対策をするときの注意点についてご紹介説します。

騒音の原因について

騒音の原因は、壁やドア、天井に比べて、音が通りやすく防音性が低い「窓」にあります。
音には「固体音」「空気音 」という2つの種類があり、物を引きずる音、足音などの振動音は「固体音 」に分類されます。
「固体音」の振動は響きやすく、完全に対策することが難しいです。
一方、窓から伝わりやすい、話し声、テレビの音などは「空気音 」に分類され、「固体音」と比べると対処が容易です。
また、窓からの騒音は、窓とサッシに隙間から入ってくることが多く、この場合も騒音の大きな原因となります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件における部屋探しの流れとは?希望条件の決め方から契約までを解説

賃貸でもできる窓の防音対策

賃貸でもできる窓の防音対策として、「遮音カーテンをつける」「二重窓にする」などが挙げられます。
遮音カーテンには吸音効果と遮音効果があるので、遮音カーテンをつけることで室内から室外に漏れる音を軽減するこが可能です。
遮音カーテンは、5,000円以内で購入できるものあり、比較的簡単に防音対策ができるアイテムの1つです。
また「二重窓にする」というのも、窓としての機能を損なわず、防音効果が期待できる方法になります。
「二重窓にする」ことで気になるのがコストで、約5,000円~30,000円程度かかるので、遮音カーテンよりもコストがかかります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件を借りる際の初期費用とは?内訳や相場についてご紹介

窓の防音対策をするときの注意点

賃貸物件において窓の防音対策をする際には、「原状回復できる」「壁や窓に傷をつけない」ことに注意しましょう。
まず、賃貸アパートを退去する際、入居前と同じ状態に戻すことを「原状回復」といいます。
原状回復を考えずに防音対策をしてしまうと、退去時に原状回復費を支払わなければなりません。
また、防音対策によって、壁や窓に傷をつけてしまうと前述したような原状回復費が発生します。
お住まいの場合、傷をつけずに行える防音対策を選択するようにし、心配な場合は管理会社や大家さんに相談しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸借契約で電子契約を用いるメリットとデメリットをご紹介

まとめ

「窓」は壁やドア、天井に比べて、音が通りやすく防音性が低いので騒音の原因になります。
このような窓の防音対策としては、「遮音カーテンをつける」「二重窓にする」が効果的な方法です。
なお、窓の防音対策をする際には、「原状回復できる」「壁や窓に傷をつけない」ことに注意し、心配な場合は管理会社や大家さんに相談しましょう。
八王子みなみ野での住まい探しならハウゼックがサポートいたします。


≪ 前へ|築年数が古い賃貸物件の定義とは?メリットや選び方について解説   記事一覧   エレベーターなし賃貸物件のメリットとは?設置基準についても解説|次へ ≫

トップへ戻る